バックパッカー宿情報!!

旅行中泊まった宿のレビュー集。選ぶ基準は経済面・安全面・宿の雰囲気。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback(-) commnet(-) | ↑TOP |

村岡さん家(Tourist Home Muraoka) @PANAJACHEL

<住所>
Residenciales Panajachel
2Calle 1-30 Zona1,Panajachel Solola

<電話>
7762-2361

<行き方>
Sololaからのバスを、Calle RealとCalle Santanderの交差するところで下車。メルカドの方へ。メルカドの前の分かれ道(ネット電話・ネットカフェ屋さんがある。)を右へ。その次の分かれ道も右へ行くと、大きな黒い鉄板でガードされたResidenciales Panajachelがある。そこの呼び鈴を鳴らす。


※Residenciales Panajachelは、外国人やちょっとリッチなグアテマラ人が住む区画。門の中はグアテマラとは思えない。村岡さん宅は北欧風のめっちゃきれいな家でした。

<もっと簡単な行き方>

バスから降りて地図を見ていたら、日本人男性が店に入っていくところだった。それがかの有名な(?)村岡さんだった。

けっこう街中にいはるようなので、下手に宿を探すより村岡さんに見つけてもらったほうが早い。バス停で待っていたら会えるかもしれない。


ドミ(といっても二人部屋) Q35(素泊まり)  
              Q75(二食つき)

ホットシャワー
洗濯可
トム(日本猫の顔したグアテマラ猫)

夏は蛍が見れる。

行く時に通ったネットカフェは、3台中真ん中のだけ日本語書けるらしい。読むのは3台とも可能。(私がダウンロードしたから。)Q6/h。




個人の家の2室を宿として提供しておられます。とはいえ最高8人泊まったことがあるらしいので、行って「満室です」ってことはまずないでしょう。ベッドの間のスペースでも良いので!とか言って自分で何とかしたら、必ずや泊めてくださることでしょう。

「日本人が住む」ことを目的に建てられた家なので、設備は十分しっかりしてます。もちろんお湯ばんばん出ます。掃除が行き届いていておりとても清潔・綺麗です。


そしてここの食事(日本食)は最高です。
奥さんの腕がいい。
めちゃめちゃ美味しい。
しかも日本茶を飲ませてもらえてかなり嬉しかった。

田代の後で「また日本人宿かぁ…」と最初は気が引けたのだが、
(スペイン語鍛えに来た手前ね。)
泊まって良かった。

お世話になりました。
スポンサーサイト
| trackback:0 | commnet:1 | ↑TOP |

ペンション田代 @ANTIGUA

<住所>
Calzada Santa Lucia,Pasaje Matheu 11A

<電話>
832-1644


http://ptashiro.hp.infoseek.co.jp/

アンティグアのバス停から郵便局に見えない郵便局を目指す。そこから大通りを右手に進み、二個目の曲がり角を左。行き止まりになっている道(calle)なのですぐわかるかと。右手奥の家に11Aの表示。鍵穴に「左←」(鍵の回す向きね。)の日本語が見つかればもう完璧。呼び鈴を鳴らしましょう。


ドミ $4またはQ32

       シングル$12くらいだったかな。

キッチン(冷蔵庫)
ネット30分Q3
ネット電話1分Q2(一般)Q5(携帯)
          ↑これホント助かりました。

ちょっと高めな日本食材
         ↑でもしいたけとかある。


屋上(洗濯物干せる。火山拝める。)

こまめな宿主さん
きれいな奥さん(宿主の)
かわいい子供たち(宿主の)
かわいい掃除の女の子
種種様様な宿泊者

      ↑というわけで、喋る相手には事欠かず。



近くの公園の噴水は必見のこと。
アグア山登頂は死ぬ覚悟すること。
     登山道の赤いペンキを見逃さないこと。



スペイン語を勉強している日本人長期滞在者がたくさんいた。スペイン語だけでなくバイクで世界を回るかっこいい方々、サルサが素敵なねぇさん、めっちゃ料理のうまいお兄さんなどなど。面白いことしてる人がたくさんいた。

旅行に対する意識が少し変わった。ゆっくりするのもええやんって。

かなり凹んでた時期だったので、励まされました。
皆様ほんとにお世話になりました。ありがとうございました。

料理上手な人がいて幸せだった。自分も何か作れるようにならなきゃ、と啓発された。いや、脅迫感か。ディエゴさんのパスタソースと、死ぬかと思ったアグア山登頂後のみわこさんの親子丼に感涙だった。

(2005年3月)
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

YOUTH HOSTEL LOS AMIGOS @Flores

パレンケからツアーでグアテマラはフローレスへ。
フローレス島の橋を渡って真正面の小道に「Youth hostel」の表示(小)。多分小さい島だから、誰に聞いてもわかるでしょう。

ドミ(ベッド)  25Q
  (ハンモック)20Q

遅く着いたらたいていハンモック。
この場合、屋外なので明け方少し寒い。
場所によってはちょっとうるさい。(レストランまわり)

水シャワー3つ、トイレ3つ
洗面所(全部別れているので使いやすい)
すべて共同

レストラン・バーあり
(結構美味しいらしい。)
夜はキャンプファイヤーあり

↑めっちゃ雰囲気いい。

犬二匹(かなっりでっかい)


かなりきれいな宿だった。
スイス人だかハンガリー人だったかの旦那さんと、グアテマラ人の奥さんが経営している。
中庭や部屋の白い壁にはカラフルな絵が書かれており、夜はキャンプファイアーに照らされてさらにかっこよくなる。

パレンケであったイスラエル人絶賛の宿。
最初着いたとき、刺青でドレッドで薬やってそうなごっついのんがいっぱいでどないしょー!!!ってあせったけれども、夕方になると普通の人もたくさん帰って来て安心した。
怖そうな人たちも(犬も)結局良い人(犬)そうでよかった。

これぞヒッピー!!みたいな親子に出会った。着の身着のまま。靴はない。超ナチュラリストなのかと思ったが、かなり貧乏そうで、折鶴教えてあげたら子供が2Qで売ってた(笑 子供の愛嬌は金になるということを、その子は知っているのか知らないのか…

彼はアメリカにいる奥さんと離婚しそうとのことだった。帰る金がないって、これからどうするのだろう…子供には甘いようで、アイスとかマルコス人形(@サンクリストバス・デ・ラスカサス)とか買い与えていたのが不思議だった。
| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
| ホーム |
PROFILE
maia
  • Author:maia
  • ●同じ宿に泊まったことのある方、
    もっといい宿知ってる方
    どうぞコメント書き足していってくださいませませ。
    ●カテゴリーをクリックすれば、
    その国の宿情報だけを総覧できます。
  • RSS
CALENDAR
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RECENT ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENT
TRACKBACK
LINK
SEARCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。